2006年02月21日

週番号で考える。

2月は28日までなんだね、
と言う事に気付いたのでなんとなく暦の話を…


1年間って全体として掴みづらいなぁと思うことないですか?


いや、こんな風に、

060221-1.gif

キチンと全体を把握できる人ならいいのですが、


自分は、なんとなく全体を把握できず、
「今年はまだあるから〜」というイメージで、

年明け1月、気が付けば2月で、なんだかんだで春3月、
花見に行って桜の4月、そうこうしてると5月はGWで、
あっという間に梅雨入り6月、これで1年もう半分。
梅雨明け7月、8月夏〜!で気付けば9月でもうすぐ秋。
木の葉も色づく10月で、あっという間にあと2ヶ月。
冷え込みだして11月、今年も終わりだね〜と12月。

と、いった感じに、
気が付けば、あっという間に年が終わります。


要は、1年のどのあたりにいるか?てのが見えてないです。
一年の真ん中が6月あたりという事はわかりますが、
それより細かい事は、まったくもってさっぱり。


まぁ、そんなこんなで今年から、週番号を使ってみてるのですが、
これがなんとなく、自分に合ってる気がします。


始めは(そもそも数学以前に算数が苦手なので)
結局、1年の半分が 6/12 か 26/52 かの違いでしかなくて、
「週番号?何だそれ、余計に面倒くさい」とか思ってたのですが、




1年は52週あります、
これ、52というとトランプの枚数と同じです。
ってことで、
「7ならべ」の並んだ状態を思い浮かべて1枚を1週間と考えると、

060221-2.gif
1年がきれいに4つに分けられて、
なんとなく見やすくなりました。

そういうイメージを持つと俄然、
「週番号って便利かも」と思うようになってきました。

例えば今週は第8週なので、ココ

060221-3.gif
1年の4分の1の真ん中過ぎです。

かと言って、
例えば34週がどこ?って聞かれると、パッと出てこないですが(^^;
13の倍数の13,26,39,52さえ分かれば、3/4の所の後半くらいは分かるので…


まぁ何より、月単位でなく週単位なところが、いい感じです。
posted by yohei at 10:21| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほどねぇ!って思いました!!
私なんか、かなりののんびり屋なので、そういう考え方の方が合ってるかも!!
もう三月かぁ。。。春だねぇ。。。
Posted by gami at 2006年03月01日 00:40
いいね〜グッドアイデア!
面白い。それ採用だね。
Posted by リン at 2006年03月02日 02:38
だけど、ひとつ問題があって「今日は第何週?」とか「○月×日は第何週?」ってのにはパッと答えられないこと。

○月の第△週とかなら、月4週と考えて、(○-1)*4+△でだいたいの週番号は出るんだけど…

今のところはカレンダーとか手帳のはじっこに数字を書いてます…。
Posted by yohei at 2006年03月12日 13:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13554557

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。